ゆうパック26万個が遅配 小牧は改善される

印刷

   日本郵政グループの郵便事業会社は、2010年7月1日に日本通運のペリカン便との統合をきっかけに発生した「ゆうパック」の配達の遅れについて、4日までの合計で26万個に上ることを明らかにした。正常化にはなお数日かかるとしている。

   ゆうパックは、日本郵便と日本通運の共同出資会社であるJPエクスプレスがこれまで手がけてきたペリカン便の事業を、日通からの出向者など4100人を集配拠点などで引き継いで再出発した。

   しかし、取扱物数の増加によって一部業務の不慣れなどより遅れが発生し、半日から2日の遅れが発生した。原因は、荷物を仕分ける機械の仕様が「ゆうパック」と「ペリカン便」とで異なっていたことで操作ミスが起こったとしている。

   こうした問題は東名阪10か所の集配拠点で発生。なかでも千葉西(千葉県習志野市)と小牧(愛知県小牧市)、大阪南港(大阪市住之江区)の3か所の集配拠点を経由する荷物の遅れが続いているが、「5日には、小牧が改善され、動き出しました」(広報部)と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中