「マキシ丈ワンピ」が大ヒット ギャルもOLも「着心地いい」

印刷

   リゾート地で着るような、丈の長いワンピースやスカートが若い女性の間でブームになっている。「風通しがよくて着心地がいい」「体を締め付けず楽ちん」「1枚でコーディネートが決まる」という。

   会員190万人、1日のアクセス数が500万PVのファッション通販サイト「夢展望」で、マキシ丈のワンピースとスカートが大ヒット中だ。合わせて95種類あり、マキシ丈はくるぶしが隠れるくらいの長さで、履くと足はほとんど見えない。2009年秋頃からじわじわと売れ始め、10年に人気に火が付き、6月の売上枚数は3月の2倍に膨らんだ。

ミニスカートの売上枚数は低下

1万枚売れたバラ柄のマキシワンピース(夢展望)
1万枚売れたバラ柄のマキシワンピース(夢展望)

   「夢展望」で一番人気なのが、バラ柄のマキシワンピース(2980円)で、09年7月~10年6月で1万枚が売れた。同社では1つの型につき年間平均500枚が売れていて、バラ柄のマキシワンピースはその20倍にもなる。

「丈が長いので暑そうに見えますが、風通しがよく、真夏でも着心地がいいです。ふんわりしたシルエットで体を締め付けず、楽ちんだという意見もお客さんから寄せられています」

と夢展望の広報担当者はいう。

   「1枚でコーディネートが決まる」という意見もあり、手軽さやコストパフォーマンスの良さも人気のようだ。対照的にミニスカートの売上枚数が低下していて、ミニからマキシに乗り換える傾向が見られるという。

30代にはチェック柄、ブラウン系、モノトーン系

マキシワンピースとおそろいのカゴバッグとのセット(イマージュネット)
マキシワンピースとおそろいのカゴバッグとのセット(イマージュネット)

   ギャル事情に詳しいSGR「まぁ~さ」さんによると、「着るだけで大人っぽさが出る」などの理由で、09年にギャルの間でマキシ丈がはやりだしたのが発端だという。足を露出しないので、「肌隠しファッション」とも呼ばれている。もとはパリス・ヒルトンやニコール・リッチーといった海外セレブが火付け役で、セレブに憧れるギャルがこぞってまねた。「まぁ~さ」さんは、「2010年はギャル以外の女性に広がってきた」と見る。

   20、30歳代女性向けのファッション通販サイト「イマージュネット」でも、マキシ丈のワンピースが売られている。広報担当者は、

「普通のOLさんも買っています。花柄は20歳代には人気がありますが、30歳代にはチェック柄や、ブラウン系、モノトーン系の落ち着いたデザインが売れています」

と話す。

   マキシワンピースとおそろいのカゴバッグのセット(4980円)も7月13日に登場した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中