英タイムズ紙電子版苦戦 「有料化」で訪問者大幅減

印刷

   英高級紙「タイムズ」の電子版が2010年7月2日に有料化されたが、会員の獲得に苦戦しているようだ。

   7月20日付のブルームバーグによると、有料化後の7月4日~10日の1週間の同紙のトラフィック(ネットワークを伝わる情報量)は、閲覧が無料だった時期の33%にとどまったとしている。英国のメディア全体のトラフィック量でも、有料化前の4.46%から1.43%に落ち込んだ。また、同日付の英ガーディアン紙電子版によると、有料化後にサイトを訪れたユーザーで、そのまま会員になった割合は25.6%にとどまったという。両紙ともに、調査会社「エクスペリアン・ヒットワイズ」のデータを引用している。

   タイムズ電子版を閲覧する場合、1日1ポンド(約135円)か1週間2ポンド(約270円)いずれかの購読料プランで会員申し込みを求められる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中