口蹄疫問題終息へ 宮崎県がすべての移動制限を解除

印刷

   口蹄疫問題で、宮崎県は2010年7月27日午前0時に、宮崎市の農家などでの家畜の移動制限区域を解除した。

   これで県内すべての区域が解除され、非常事態宣言も全面解除された。同県は、感染家畜の排せつ物処理などを済ませたうえで、8月27日にも終息宣言を出す予定だ。東国原英夫知事は、会見で、「懸命の防疫作業や県民の協力、多くの方の支援でこの日を迎えられ、心より感謝したい」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中