アイフォーン「遠隔操作ウイルス」にご注意

印刷

   ネットセキュリティーを手がける「ラック」は2010年8月12日、米アップルの「アイフォーン(iPhone)」や「アイパッド(iPad)」の脆弱性を悪用するウイルス攻撃の可能性について、注意を促している。

   ラックの発表資料によると、アイフォーンなどで悪意のあるウェブサイトを閲覧してウイルス感染すると、そのアイフォーンが攻撃者の意のままに操られてしまう恐れがあるという。遠隔操作によって勝手に電話を使われたり、プライバシー情報を盗まれたりすることもありうる。12日現在で、被害は報告されていない模様だ。

   アップルからは、アイフォーンなどの基本ソフト(OS)のアップデート版が出されており、ラックでは一刻も早くOSを更新するよう呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中