缶けりを知らない子どもたち 大勢で遊ばないと生じる弊害とは

印刷

   かくれんぼや鬼ごっこと並んで、子どもの遊びの定番と言えば缶けりだろう。ところが今、缶けりをやらないどころか、存在すら知らない小学生が出てきたというのだ。

   遊び場の減少や少子化が進む一方、特に室内での遊びが多様になってきたため、外遊びを避ける子どもが増えていると見られる。昔ながらの大勢で楽しむ遊びが廃れると、子どもにとっては、コミュニケーションのとり方や社会の規範を守ることの「学習機会」が減ることにもつながるようだ。

忙しすぎて仲間と遊べない

   「缶けりって、何?」

   こんな子どもが最近増えている。UCC上島珈琲は2010年6月11日、都市部とそれ以外に住む小学生100人を対象に実施した缶けりに関するインターネット調査の結果を発表した。それによると、回答した小学生の4分の3が缶けりを経験したことがなかったという。さらに、缶けりそのものを知らないと答えた小学生も1割を超えた。

   缶けりを含めた外遊びは、育ち盛りの子どもにとってはいい運動だ。体を動かす機会が少なくなれば、体力も落ちるだろう。財団法人日本レクリエーション協会は、文部科学省が実施している「体力・運動能力調査」をもとに、1978年当時の11歳児と、2008年の11歳児の体力測定記録を比較した。50メートル走やソフトボール投げで、08年の11歳児の方が男女とも記録が劣っている。最近では、スキップもできないほど体を動かす力そのものが低下している子どもがいるようだ。

   外遊びの機会が減った背景として、空き地や安全な路地といった手ごろな遊び場が昔と比べて少ないこと、ゲームをはじめ屋内で遊べる選択肢が増えたこと、少子化により一緒に遊べる仲間そのものが減っていることが挙げられる。さらに、子どもが忙しすぎるのが大きな要因のようなのだ。

遊びの中で仲間への気遣い覚える

   習い事や学習塾に通う子どもたちは、以前に比べて確実に増えていると見られる。両親が共働きの場合、平日子どもだけを家に残しておくのが心配で月曜から金曜まで何らかの習い事をさせるという家庭もあるそうだ。

   子どもの教育を専門分野とする武庫川女子大学の西本望教授によると、放課後も日々の予定に追われている子どもたちは、「友だちと遊ぶにも『来週の水曜日に』などと予約をしなければなりません」という。お互いに忙しいので「誘ったら悪いな」と気を遣い合った末、友人同士のかかわりが薄くなる傾向もある。缶けりやかくれんぼなど、大人数が必要な遊びは当然難しい。

   だが、大勢で外で遊ばなくなると、体力面以外にも弊害が出てくると西本教授は指摘する。「外遊びでは、体力や年齢が違う子どもたちが集まることが多い。その中でお互いに気を配ったり、肉体的ハンディを抱える仲間を助けたりすることを学びます」。ルールを守ることの重要性を覚えるのも、効果の一つだ。大人数の遊びを知らずに育てば、対人関係に影響してくる懸念がある。

   最近は、子どもに外で遊ぶ機会を「与える」動きも出てきた。特定非営利活動法人・放課後NPOアフタースクールでは、週1回、ゲームや塾通いをやめて放課後に大勢で遊ぼうと呼びかける。活動の中には外遊びも含まれる。

   異なる学年の子どもを混ぜて、泥棒役を警官役が捕まえる「どろけい」を実施した際に、「徐々に上の学年の子が『今度はこんなルールにしたら面白くなるよ』と仕切るようになりました」と、副代表理事の織畑研氏は振り返る。遊びの中で子どもなりに楽しみ方を考え、実践する。「機会を与えてあげれば、今の子どもたちも十分に学び、身に付けていくんです」と織畑氏。

   連日ギッシリのスケジュールに追われる子どもには、時にはムリにでも大人が機会を提供して、外に遊びに行かせるのも有効のようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中