「AKB48」はお笑い芸人が嫌い? 「ブラマヨ」吉田が「挨拶しにこい!」

印刷

   人気お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さんが、人気アイドルグループ「AKB48」とテレビの生放送で共演した後に「ツイッター」で、「俺に挨拶しに来ないコがいる」とキレた。番組内で「AKB48」メンバーらが吉田さんのナンパについて語ったことに対し、秘密をバラしたからには収録後に謝るなど挨拶があるべきで、マナーがなっていない、ということのようだ。「AKB48」の挨拶を巡っては、以前に別のお笑い芸人が「挨拶をしない」などとテレビで発言し物議になった。

「俺に挨拶してきたコと何も言わんコがいる」

   事の発端は日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」で2010年8月28日深夜から明け方にかけて放送された「AKB48が品定め!第1回しゃべくり総選挙」のコーナー。ここには秋元康さんがプロデュースする「AKB48」と「SDN48」のメンバー数十人と、お笑いタレントが登場。メンバーに対し付き合ってもいいお笑いタレントはいるか、などの質問があった。そして、お笑いタレントの秘密を暴露する展開に入って行った。

   ここで槍玉に上がったのは「ブラマヨ」の吉田さん。ナンパの目撃情報、また自分が実際にナンパされた事など「AKB48」「SDN48」内の4人のメンバーから証言が出た。4人のうち3人は東京六本木でのナンパについて証言。1人は大阪ミナミで自分がナンパされたと語った。

   吉田さんは10年8月29日に「ツイッター」で、番組で出てきたナンパの話について弁明した。ナンパばかりしているように受け取られそうだが、証言に出てきた女性は重複しているのだそうだ。そして、「ただ言われっぱなしもアホらしい」とし、矛先は「AKB48」に向かう。

「言い終わった後、俺に挨拶してきたコと何も言わんコがいる。プライベートの言い合いをアイドルとか役者とするつもりないけど、よっぽど己が聖人みたいな暮らししてない限り一言かけてこいと思う」

とつぶやいた。

   つまり、秘密をバラした「AKB48」「SDN48」メンバーは、収録後に何か挨拶のようなものがあってしかるべきで、それをしないのはマナー違反だと言っているようだ。

お笑い芸人に何か特別な感情があるのか

   挨拶を巡っては「AKB48」とお笑い芸人のいさかいのようなものが過去にもあった。毎日放送のバラエティー番組「せやねん!」では、「AKB48」は共演者に対し挨拶をしない、などという発言も出た。

   2010年7月24日放送分にはアイドルグループ「アイドリング!!!」と「YGA」がゲストで出演。番組レギュラーのお笑い芸人達は、可愛い子が揃っている、会場が明るくなる、などと褒め称えた。するとピン芸人の「たむらけんじ」さんが突然、

「ちゃんと挨拶もしてくれるしね。なんか、先週来た奴せえへんかった」

と言いだし、収録会場がどよめいた。それは、先週の7月17日にゲストで登場したのは「AKB48」と、同じく秋元康さんプロデュースの「SKE48」だったからだ。「AKB48」が東京秋葉原を起点にしているのに対し、「SKE48」は名古屋を起点に活躍するアイドルグループだ。すかさずお笑いコンビ「トミーズ」のトミーズ雅さんは席から立ち上がり、「名古屋はよかった」とフォローした。

   今回の吉田さんのつぶやきに対しては、ネットで「吉田は小さい男だ」「AKBは売れているからお前が挨拶に行け」などというバッシングが多く見られる一方で、

「先輩に対して番組の中でも失礼なこと言ったりした場合はすみませんと挨拶するのが普通」
「プライベートの暴露話とかした場合は 収録後に1言挨拶するのが暗黙の了解なんだろうね」

といった擁護と取れるものもある。

   いずれにせよ、「AKB48」がお笑い芸人に対して挨拶しない、ということが頻繁にあるとすれば、「AKB48」はお笑い芸人に何か特別な感情を持っているのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中