大塚愛にネットで「デキ婚疑惑」 「擁護派」も参戦、妊娠論議

印刷

   歌手の大塚愛さんがライブで、自ら妊娠を発表した。ファンの前で涙を流しながらの報告に、会場からは祝福の声援が起こったという。

   ところが、ネットでは「できちゃった結婚だったんじゃないか」との声が出始めた。「計算すればデキ婚じゃないのは明らか」と否定する意見に対し、「妊娠3か月の割にはお腹が大きい」といった見立てもあって、騒がしさが増している。

「失礼じゃないですか?」

「実は3人で過ごしました」

   2010年9月11日のコンサートで、大塚愛さんは観客にこう告げた。この2日前は大塚さんの誕生日。一緒にお祝いしたのは6月25日に結婚したヒップホップグループ「RIP SLYME」のSU、だけではなく「3人目」がいた、つまり赤ちゃんができたことを報告したのだ。

   妊娠3か月という大塚さんは、9月12日を最後にコンサートの予定はない。体に負担をかけないための配慮と思われるが、体調を考慮しながら仕事は続けていくそうだ。

   新婚の大塚さんにとってダブルのおめでた、というわけだが、ネットでは「デキ婚疑惑」が起きた。「やっぱり変だとは思ったのですが、出来婚ですか?」「結婚発表の時に妊娠をわざわざ否定してたのに…」と、やや決め付けたようなコメントも多い。

   これに対して「断じてデキ婚ではない」と大塚さんを擁護する意見も出ている。妊娠期間は、最終月経の第1日目を「妊娠0日」として、1か月を28日で計算する。人によって差はあるが、妊娠に気づくのは4~5週目、月経の遅れからと言われる。また「妊娠3か月」は妊娠8~11週目に当たる。大塚さんが妊娠を公表した9月11日が11週目だったとしても、妊娠に気づいたと推測されるのは7月下旬。入籍したのは6月25日だから、妊娠して慌てて結婚したわけではない、ということだ。

   「妊娠についてなにもわからないのに勝手にデキ婚だと決め付けて批判…失礼じゃないですか?」とおかんむりのムキもある。

「3か月にしてはふくらみが・・・」

   だが、「そもそも妊娠3か月ではないのでは」と考える人までいる。妊娠3か月にしては、外から見てお腹のふくらみがはっきり分かるのは不自然、というのが言い分だ。確かに、9月11日のコンサートの様子を写した写真を見ると、ふっくらとした印象に見えなくもない。また、妊娠3か月ならつわりが最も激しい時期で、そんなときにコンサートで動き回れるのはおかしくないか、との疑いから「既に安定期に入っている」との推測まで出た。

   大塚さんにとっては、おめでたい話に難癖をつけられて気の毒ではあるが、それだけ今回の妊娠が注目を浴びているという裏返しでもあるのだろうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中