日本釣振興会サイトにサイバー攻撃

印刷

   財団法人「日本釣振興会」のウェブサイトがサイバー攻撃にあい、内容が改ざんされていたことが2010年9月22日までに分かった。複数のメディアが伝えた。

   サイトの中に、一部中国語の文字が加えられるなどされたという。9月13日には、金沢大学付属高校のサイトが改変され、「HACK」との表記や一部中国語の文字列も見つかった。尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船と衝突し、日本側が中国人船長を逮捕したことに抗議するハッキング集団の仕業と見られており、今回も同様のケースと考えられる。尖閣諸島は中国名で「釣魚島」。同じ「釣」という文字を使っている振興会が狙われたのではないか、との見方もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中