「つゆだくだく」や肉6倍「キング」 牛丼チェーン「隠しメニュー」の全貌

印刷

   牛丼チェーン店で牛丼を頼むときにメニューに記載されていない「隠しメニュー」というものがある。「つゆだく」「ねぎぬき」といった、客のこだわりにこたえるもので、チェーンによっては、メニューにない特大牛丼などもあるという。

   「牛めし」を販売している松屋では、具材のつゆの量が多くなる「つゆだく」、少なくなる「つゆぬき」を頼むことができる。

すき家では超特大の「キング」サイズも

色々な頼み方がある牛丼
色々な頼み方がある牛丼

   ネギの量も調節可能だ。多くしたければ「ねぎだく」、入れて欲しくなければ「ねぎぬき」と注文すればいい。

   松屋では牛めしだけでなく、カレーも販売しているが、こちらもお好みで福神漬けの量が調節できる。サラダのコーンを抜くオーダーもできるという。松屋フーズの広報担当者によると、これら隠しメニューはマニュアルでも定められており、全国の店舗で頼むことができる。

   すき家でもつゆとネギの量が調節可能だ。すき家を運営するゼンショーによると、「つゆだく」より更につゆが多い「つゆだくだく」も、マニュアルにはないが物理的には対応可能だという。

   また、特殊なサイズも注文できる。特大サイズの「キング」(940円)と、極小サイズの「プチ」(130円)で、「キング」は肉の量が並盛りの6倍、ご飯の量が2.5倍。一方、「プチ」は並盛りの4割ほどで、おにぎり1個くらいの分量となっている。どちらも09年夏に発売し、話題となった。現在はメニューから消えてしまったが、「隠しメニュー」という形で残っている。

   ゼンショーの広報担当者は、

「キングはメガ牛丼の2倍ぐらい。凄い量なので、頼むのは学生や若い人が多いですね。牛丼のプチというのは、カレーを食べたけど、せっかくすき家に来たのだから牛丼も少し食べたいという人が注文しているようです」

と話している。

プロ投資家みたいに「悪魔の囁き」に強くなれ!

   初心者はデータより感情に左右されやすい。「あと少しで取り返せる」「今取引したほうが儲かるかも...」言葉で説明できない悪魔の囁きに打ち勝つ方法と...続きを読む

PR 2015/03/23

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
014
相模大野の野武士 2014/12/11 13:34

この記事が出て数年経ったあとだが、吉野家が「アタマの大盛り」を正規メニューとして出した。


本日(2014年12月11日)現在、牛丼の並が300円のところ、牛丼「アタマの大盛り」は390円だ。

013
2014/12/11 08:20

肉抜き、つゆだくを某牛丼屋さんで頼んだ事があります。顔なじみの店員さんが苦笑しながらも応じてくれました。タマネギが大ぶり6切れとサービスしてもらい、卵を落として食べるととってもおいしかったです。深夜で他に客もいなかったから頼んでみたけど、肉抜きはお店に失礼かな…

012
D.D. 2010/11/25 17:26

吉野家は4店舗でねぎだく不可だったから全店不可だと思ってた。
それにしても何で裏メニューって必要なんだろう、考えてみれば不思議なシステム。

別の話だが個人的には吉野家の牛丼が一番うまいと思う。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本三景に御三家、日本には数多くの三大○○がありますが...

針尾瀬戸

通話や通信もストレスなし、LTE 接続も可能。こんどこそ、格安SIMに乗り換える好機?

ウソをつけ、こんなに脈が変わっているじゃないか!

嘘発見器を前に被疑者を責める刑事...って、このシーン間違ってます!

ミニッツシンキング