「つゆだくだく」や肉6倍「キング」 牛丼チェーン「隠しメニュー」の全貌

2010/10/10 09:00

   牛丼チェーン店で牛丼を頼むときにメニューに記載されていない「隠しメニュー」というものがある。「つゆだく」「ねぎぬき」といった、客のこだわりにこたえるもので、チェーンによっては、メニューにない特大牛丼などもあるという。

   「牛めし」を販売している松屋では、具材のつゆの量が多くなる「つゆだく」、少なくなる「つゆぬき」を頼むことができる。

すき家では超特大の「キング」サイズも

色々な頼み方がある牛丼
色々な頼み方がある牛丼

   ネギの量も調節可能だ。多くしたければ「ねぎだく」、入れて欲しくなければ「ねぎぬき」と注文すればいい。

   松屋では牛めしだけでなく、カレーも販売しているが、こちらもお好みで福神漬けの量が調節できる。サラダのコーンを抜くオーダーもできるという。松屋フーズの広報担当者によると、これら隠しメニューはマニュアルでも定められており、全国の店舗で頼むことができる。

   すき家でもつゆとネギの量が調節可能だ。すき家を運営するゼンショーによると、「つゆだく」より更につゆが多い「つゆだくだく」も、マニュアルにはないが物理的には対応可能だという。

   また、特殊なサイズも注文できる。特大サイズの「キング」(940円)と、極小サイズの「プチ」(130円)で、「キング」は肉の量が並盛りの6倍、ご飯の量が2.5倍。一方、「プチ」は並盛りの4割ほどで、おにぎり1個くらいの分量となっている。どちらも09年夏に発売し、話題となった。現在はメニューから消えてしまったが、「隠しメニュー」という形で残っている。

   ゼンショーの広報担当者は、

「キングはメガ牛丼の2倍ぐらい。凄い量なので、頼むのは学生や若い人が多いですね。牛丼のプチというのは、カレーを食べたけど、せっかくすき家に来たのだから牛丼も少し食べたいという人が注文しているようです」

と話している。

(続く)

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

美味しい鍋を囲んで成功企業の事例を見る・・・なんだかおもしろそう!

ピックアップ'

ミニッツで行く、1万年を超える復元の旅

不思議と驚きに満ちた聖書の世界。今、行けます。考古学者がガイドします。

ミニッツシンキング

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ