「KDDI電子書籍」にブーイング 編集者ら「禁則処理、大丈夫?」

印刷

   電子書籍の規格が乱立する中、KDDIが発表した新端末に対して、著名なツイッター利用者から続々と批判の声があがっている。通常の書籍やPCで使用するワープロであれば、「。」「、」などの句読点が行の最初に来ないような処理が行われるのだが、マスコミ各社に配られた広報用の写真素材の画面では、ばっちり行頭に「。」が確認できるのだ。このことから、「格好悪い」といったブーイングが続出している。

ソニー、凸版印刷、朝日新聞社と共同開発

「禁則処理」をめぐりツイッターで話題の「biblio Leaf SP02」
「禁則処理」をめぐりツイッターで話題の「biblio Leaf SP02」

   話題になっているのは、KDDIが2010年10月18日に発表した電子書籍端末「biblio Leaf SP02」。3Gや無線LAN経由で電子書籍データをダウンロードでき、1台で約2000冊分のデータを保存できる。KDDIでは、ソニー、凸版印刷、朝日新聞社と共同で電子書籍配信のためのプラットフォームの整備を進めており、「biblio Leaf」も、新プラットフォームに対応するものとみられる。発売は、10年12月下旬以降を予定している。

   画面は6インチと比較的大きめだが、そこに映し出されたサンプルの文字列をめぐり、波紋が広がっている。同社が広報資料として配付した画像データには、夏目漱石の「こころ」の冒頭部分が縦書きで表示されていたのだが、そのレイアウトを再現すると、以下のような状態だったのだ。

(1行目)「 私はその人を常に先生と呼んでいた。だからこ」
(2行目)「こでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない」
(3行目)「。これは世間を憚かる遠慮というよりも、その方」
(4行目)「が私にとって自然だからである。私はその人の記」

   つまり、「。」「、」「)」といった文字が行の最初に来ないようにする「禁則処理」と呼ばれる処理がされていないことに、ツイッター上で批判の声があがっている。

「コンテンツファイルの設定によるが対応している」

   かなり早い段階で、編集者の仲俣暁生さんが

「行頭に句点がくる画面を平気で広報用に載せている時点で気持ちが萎える。表示フォントはこれしかないのかな。こんな書体じゃ誰も読まないよ」

と批判。これに対して、批評家の東浩紀さんは

「こりゃあ、格好悪いですねえ」

   ITジャーナリストの佐々木俊尚さんも

「ほんとだ。酷い」

と同意した。他のツイッターの利用者も

「アウト」
「これはひどい」

などと非難を続け。知的財産権に詳しい小倉秀夫弁護士も

「日本語禁則処理はしない!という意思の表れかも」

と、皮肉った。また、ゴシック体に見えるフォントも、縦書きで小説を表示するには不適切だとして評判が悪い。

   KDDI広報部によると、

「(電子書籍の)コンテンツファイルの設定にもよりますが、禁則処理には対応しています。フォントも、『新ゴR』というゴシック体と、『リュウミン』という明朝体に対応しています」

とのことで、「禁則処理ができない」というツイッター上の懸念は杞憂だと言えそうだ。ただし、広報資料に禁則処理をしない設定の電子書籍ファイルの写真を載せてしまったことについては、脇の甘さを指摘されそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中