自民などから首相退陣求める声 尖閣ビデオ流出問題で

印刷

   沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事故の映像流出を受け、自民党などから菅直人首相の早期退陣を求める声があがっている。

   自民党の谷垣禎一総裁は2010年11月10日、東京都内の街頭演説で、「危機管理ができていない」と菅政権を批判し、「1日も早くこの政権の退陣を迫っていかなければならない」と訴えた。

   また、たちあがれ日本の平沼赳夫代表は同10日、映像流出行為は「義憤を感じて」のことだろうとしつつ、担当閣僚や首相の「秘密漏えい」への責任を明らかにする必要があるとして、「辞任を含めて強く要求したい」と退陣を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中