海老蔵なぜすぐ110番しなかった 被害届けもせず深まる事件のナゾ

印刷

   殴られて重傷を負ったのに、なぜその場で110番通報をしなかったのか。記者会見キャンセルして飲みにいったのはどうしてか――。歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(32)の傷害事件については、疑問点がいくつか上がっている。何か事情があったのだろうか。

   まるでボクシングで酷くノックアウトされた選手のようだったらしい。

会見中止後に外出「腰痛良くなった」


夕刊紙でも大きな話題に
夕刊紙でも大きな話題に

   血だらけになって2010年11月25日朝にタクシーで帰宅した市川海老蔵さんは、左鼻が膨れて陥没骨折したうえ、左目が内出血して前歯が折れるなどしていた。胸なども殴られ、全身打撲とも伝えられている。30日からの興行を休演すると発表されたが、舞台復帰がいつになるかさえ危ぶまれているようだ。

   海老蔵さんは、報道によると、前日午後11時半ごろから東京・西麻布のバーで俳優仲間と酒を飲み、その後2、3軒ほど「はしご酒」をしていて事件に巻き込まれた。まず不思議なのは、これほど元気そうなのに、「体調不良」との理由で25日の会見を前日にキャンセルしていたことだ。

   本当に体調不良だったのか。このことについて、所属する市川團十郎事務所の担当者は、次のように説明する。

「前日までの映画撮影で、本人は腰痛を訴えていました。このままでは舞台に影響すると考え、会見を見送ったわけです。しかし、24日は仕事をキャンセルして、午後から病院で治療しました。その結果、腰の状態が良くなったので、外出してしまったということです」

   とはいえ、会見キャンセル後に飲みに行ったことに疑問が出ているのも事実。これを受けて、25日夜に都内で会見した父親の市川団十郎さん(64)は、「人間修行ということが足りないから、このような結果を招いた」と謝罪した。

   さらに、不思議なのは、海老蔵さんが殴られてすぐに110番しなかったことだ。25日朝は、妻のフリーアナウンサー小林麻央さん(28)が夫の帰宅後に、顔がボコボコになっていることに驚いて通報していた。

逃げるのに必死で110番できなかった?

   報道によると、市川海老蔵さんは、飲み屋で4、5人の男性グループと合流し、そのうちの1人から殴られたとされている。とはいえ、このグループとは初体面だったとも、殴られたのは以前にトラブルのあった男性だとも報じられている。

   TBS系のニュース番組が2010年11月26日に報じたところによると、海老蔵さんは警視庁の調べに対し、「グループは暴走族を名乗っていて、そのうちの色の黒い男に殴られた」と話したという。一方で、夕刊紙各紙では、タレントや大相撲力士の事件に関係がある地元グループのメンバーらだった可能性を報じている。

   夕刊フジによると、海老蔵さんは、店から出て知人が呼んだタクシーに乗ろうとしたが、男性グループに追いかけられ、六本木交差点付近でタクシーになんとか乗り込んだという。とすると、命からがら逃げてきたので、110番する余裕がなかったのだろうか。

   あるいは、海老蔵さんはまだ被害届を警察に出していないと報じられており、何か公にされては困るような事情があったのだろうか。

   すぐに110番しなかったことについて、市川団十郎さんは25日の会見では、事実確認の最中だとして、その理由を明確にはしなかった。市川團十郎事務所でも、「まだ事実確認が取れていませんので、はっきりしたことはお伝えできません」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中