仙谷氏の地元・徳島産品不買運動ネットで発生

印刷

   2ちゃんねるで2010年11月中旬、「仙谷由人官房長官を辞めさせるため、地元・徳島県産のものを買うのを止めよう」と不買運動を呼びかける書き込みがなされた。同月下旬には沈静化したのだが、12月8日、地元新聞がそれを記事にしたことで運動が再燃する気配だ。JA徳島中央会には、11月11日から12日にかけ、3件の電話があった。県の観光企画課にも11日から21日かけて、電話1件とメール21件が来た。徳島商工会議所にも電話・メール・郵便物が数件あったが、担当者は「今のところ実害は聞いていない」と話している。

   仙谷氏の徳島事務所の秘書は「仙谷への誹謗中傷・罵詈雑言がネット上に書き込まれているのは知っていたが、今回は他にも迷惑をかけようとしていて驚いた。政治的な考えがあるとしてもいかがなものか。意見は事務所の方にファックス、メールで送って欲しい」という。ITジャーナリストの井上トシユキさんは、

「電話で仕事の邪魔をすると威力業務妨害にもなりかねない。そうなったら犯罪です」

   と警告している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中