中国・孔子平和賞「受賞者」そっちのけで式典

印刷

   中国が設立した「孔子平和賞」の授賞式が2010年12月9日、北京で行われた。この賞は、2010年ノーベル平和賞に中国の民主活動家、劉暁波氏が選ばれたことに「対抗」して創設されたと見られている。初代の受賞者には台湾の連戦・国民党名誉首席が選ばれたが、同氏の関係者は「受賞の連絡は届いていない」として、本人は式典を欠席した。「主役」不在のまま、代わりに「平和の天使」と呼ばれた少女がトロフィーを受け取るなど混乱のまま式は幕を下ろした。

   複数の報道によると、連戦氏は、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領やジミー・カーター元米大統領ら5人の候補者の中から、賞に輝いたという。2005年、当時国民党主席だった連戦氏は中国を訪問し、胡錦濤国家主席と会談した。国民党主席が中国本土に降り立ったのは、1949年以来初めてとなった。

   「孔子平和賞」授賞の理由について同賞選考委員会は、連戦氏が「中国と台湾の平和の懸け橋として貢献した」としたようだが、一部報道によると連戦氏は受賞そのものを拒否したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中