日本音楽界のすさまじい現状  CD年間トップ10は「嵐」と「AKB」だけ?

印刷

   2010年に発売されたシングルCDのトップテンはアイドルグループの「AKB48」と「嵐」が独占するーーそんな情報がネットに流れている。オリコンが発表した売上げ枚数を見ると確かにこの2グループの曲がダントツで売れていて、あながち間違いでもなさそうなのである。

   「音楽CD不況」などと言われて久しいが、2010年10月27日に発売された「AKB48」のシングル「Beginner」は日本レコード協会からミリオン認定され、07年の「千の風になって」以来の快挙だと騒がれた。「嵐」の人気は衰えを知らず、2009年はシングルCD年間売上げ1位を含む4曲がトップテンに入っている。

1位は「AKB48」の「Beginner」94万7179枚

   ネットに何者かがアップした10年の新曲CD売上げはこうなっている。

   1位「Beginner」947179枚/ AKB48 10/10/27、2位「ヘビーローテーション」709342枚 / AKB48 10/08/18、3位「Troublemaker」 698542枚 / 嵐 10/03/03、4位「Monster」 696022  / 嵐 10/05/19、5位「ポニーテールとシュシュ」657868枚 / AKB48 10/05/26、6位「果てない空」649339枚 / 嵐 10/11/10、7位「Lφve Rainbow」 618614枚 / 嵐 10/09/08、8位「Dear Snow」 590150枚 / 嵐 10/10/06、9位「To be free」516142枚 / 嵐 10/07/07、10位「チャンスの順番」471242枚 / AKB 10/12/08。

   情報が出たのは10年12月9日に「2ちゃんねる」に立てられたスレッド。これを個人が運営するニュースサイトが取り上げたことで大きな話題になった。この数字はオリコンの集計がネットに「流出」したのではないかと言われている。

   2010年のトップテンはどうなるのか聞いてみたところ、

「売上げのトップテンは毎年発表していますが、今年の集計はまだできていません。ネットに出ている数字は個人的に調べられたものだと思います」

とオリコン広報は説明した。

「少女時代」「KARA」は10万~12万枚

   オリコンが発行している音楽情報誌「オリ★スタ」には毎回CD売上げの推定枚数が掲載されていて、10年に発行されたバックナンバーを見てみると、ネットに出ている数字とほぼ一致する。ネットに出た数字が本物だとすれば、「オリ★スタ」に掲載されたものより新しい数字ということになる。2グループがトップテン独占という話題にネットでは、

「これは・・・ひどい」
「これから音楽業界はどうなるのか全く予想できないな」
「オタクしか買ってないな。AKBオタVSジャニオタで、どっちがどれだけ貢いだか競ってる」

といった感想が出ている。

   ちなみに、今年売れた他のシングルCDを「オリ★スタ」で見てみるとジャニーズ事務所のグループが特に目立ち、途中経過の数字で、「SMAP」の「This is love」が約35万枚売れ、「関ジャニ∞」の「LIFE」「Wonderful World」がそれぞれ30万枚。山下智久「One in a million」が20万枚となっている。その他では福山雅治の「蛍/少年」が24万枚。EXILEの「もっと強く」「I Wish For You」がそれぞれ23万枚。氷川きよしの「虹色のバイヨン」が16万枚となっている。今年最も話題だった「K-POP」では、「少女時代」の「Gee」「GENIE」がそれぞれ11万~12万枚。「KARA」の「ミスター」が9万5000枚だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中