海老蔵さん傷害容疑者「一方的に因縁つけてない」と反論

印刷

   歌舞伎役者の市川海老蔵さん(33)が殴られて大怪我を負った事件で、警視庁は傷害の疑いで伊藤リオン容疑者(26)を逮捕したが、各種メディアによると、伊藤容疑者は調べに対し「一方的に自分から因縁を付けたわけではない」と供述しているという。

   伊藤容疑者は2010年12月10日に出頭。事件の詳細については「弁護士と話をするまで話せない」としているが、一方で「海老蔵さんの言動が頭にきて殴った。こちらから一方的に言い掛かりをつけて殴ったのではない。殴ったことは反省している」などと話しているという。

   海老蔵さんは7日の会見で、自ら挑発的な行為をしたことを否定。「一切暴力はふるってない。介抱していたらいきなり殴られた」などと話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中