「障害はNTT設備が原因」 孫社長ツイッターに非難殺到

印刷

   ソフトバンクの3G回線で2010年12月11日、一部サイトに繋がりにくくなる障害が発生した。約2時間後には復旧したのだが、ツイッターで同社の孫正義社長が、「NTT設備の障害が原因」などと発言。これが、他社への「責任転嫁」と受け止められ、孫社長に非難が殺到した。

   12月11日午後14時ごろ、ソフトバンクモバイルの3G回線から海外にサーバーを設置する一部サイトにアクセスしにくい状況になった。

「ソフトバンクはインフラ弱し!」の指摘

   ツイッターにアクセスし辛くなったり、タイムラインが更新されなくなったりした。ウィキペディアも閲覧困難になったという。

   孫社長のツイッターには、ソフトバンクユーザーから問い合わせが寄せられた。中には「今日、Twitter繋がらない障害があったんですか?SoftBankは、インフラ弱し!」と指摘するものもあった。これに対し孫社長は「申し訳ありませんでした」と詫びたものの、

「internet経由で海外接続しているNTTグループ設備に障害があったとの事」

と原因を説明。原因はあくまでソフトバンクが使っているNTTの回線だとしたのだが、これがユーザーに「責任転嫁」と受け止められた。「NTTのせいにしてる」「ソフトバンクユーザーには関係ないし」といった怒りのコメントが殺到した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中