「障害はNTT設備が原因」 孫社長ツイッターに非難殺到

印刷

   ソフトバンクの3G回線で2010年12月11日、一部サイトに繋がりにくくなる障害が発生した。約2時間後には復旧したのだが、ツイッターで同社の孫正義社長が、「NTT設備の障害が原因」などと発言。これが、他社への「責任転嫁」と受け止められ、孫社長に非難が殺到した。

   12月11日午後14時ごろ、ソフトバンクモバイルの3G回線から海外にサーバーを設置する一部サイトにアクセスしにくい状況になった。

「ソフトバンクはインフラ弱し!」の指摘

   ツイッターにアクセスし辛くなったり、タイムラインが更新されなくなったりした。ウィキペディアも閲覧困難になったという。

   孫社長のツイッターには、ソフトバンクユーザーから問い合わせが寄せられた。中には「今日、Twitter繋がらない障害があったんですか?SoftBankは、インフラ弱し!」と指摘するものもあった。これに対し孫社長は「申し訳ありませんでした」と詫びたものの、

「internet経由で海外接続しているNTTグループ設備に障害があったとの事」

と原因を説明。原因はあくまでソフトバンクが使っているNTTの回線だとしたのだが、これがユーザーに「責任転嫁」と受け止められた。「NTTのせいにしてる」「ソフトバンクユーザーには関係ないし」といった怒りのコメントが殺到した。

NTTのお詫びページにリンク

   その後、孫社長は「言い訳を反省。当社インフラ弱しと言われ感情的に…」と投稿。少し冷静になったようだが、今度はフォロワーから「言い訳する前にNTTに文句を言うべき」と言われ、「大変御迷惑おかけしました。原因特定出来ました」とNTTコミュニケーションズの発表ページへのリンクをツイッターに貼り付けた。法人向けのページで「一部のお客様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします」と謝罪している。

   これに対しても「リンク先NTTか。ソフトバンクは関係無いとでも言いたいのだろうか」「バックアップ体制はどうなってるんだ」といった批判が寄せられた。

   ふとしたことから炎上状態となってしまったわけだが、孫社長の「言い訳」は引き金に過ぎず「普段からソフトバンクの通信状況に不満を持っている人がそれだけ多いと言うこと」といった見方もあった。

   障害は約2時間後の16時過ぎに復旧。NTTコミュニケーションズの広報担当者によると、11日午後、通信設備にコマンドを入力したところ想定外の事態が発生。一部でつながりにくい状況となったため、コマンドを削除して復旧させた。

「詳細な原因は現在調査中です。結果としてお客様にはご迷惑かけてしまい申し訳ございません。再発防止に努めます」

と話している。

   ソフトバンクも13日付けで謝罪文を掲載。原因は他社のインターネット回線にあるとしつつも「ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます」としている。広報担当者によると、障害にすぐに気付かず、ツイッターに影響が出始めてから気付いた。16時前には、用意していたバックアップ用の別回線で対応していたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中