全身黄金色の「中国ガンダム」完成か 

印刷

   中国四川省のテーマパークで制作されていた、日本の人気アニメ「機動戦士ガンダム」をまねたとみられる立像が完成した模様だ。2010年12月14日までに、複数のブログやツイッターなどに写真が掲載されている。

   「百式」などのブログを運営する田口元氏は12月13日、ツイッターに「お、中国のガンダム、完成したようですね」と投稿。青空の下、全身が黄色とも金色ともつかない色合いの「ガンダム」の写真が見られる。

   この立像は、テーマパーク「国色天郷楽園」でクリスマスや新年のイベント用につくられたと見られているが、制作段階では、ガンダム関連の著作権を管理する日本側の関係団体には連絡されていなかったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中