ダルビッシュ産経新聞に反撃 発言叱った配信記事が削除

印刷

   日本ハムのダルビッシュ有投手(24)がツイッターで、誤解を招くメジャー移籍の思わせぶりな発言をした――。産経新聞が、こう批判した記事をサイト上から削除して話題になっている。

   騒ぎのきっかけになったのが、ダルビッシュ投手が2010年12月15日にこうつぶやいたことだった。

「メジャー移籍か」報道を本人は否定

ダルビッシュが反撃?
ダルビッシュが反撃?
「ちょっと状況が変わった。てかかなり。どうなるのか」

   産経新聞は翌16日、これが意味深なつぶやきだとして、「急転メジャー移籍か」との記事をサイト上で配信した。

   記事では、その理由として、妻の紗栄子さん(24)との離婚は決定的で、状況が変わる可能性がないことを指摘。また、日ハムの主力選手の中でダルビッシュ投手だけが契約更改の日程が決まっておらず、メジャーのポスティングシステム締め切りが11年3月1日まであることを挙げている。

   また、中日スポーツも産経と同じ日に、同様な理由を挙げたうえで、サイト記事で「急転メジャーか ダル意味深ツイッター」との見出しで報じている。

   ダルビッシュ投手は、来季はメジャー入りするものとみられていたが、10月19日のブログでいきなり日ハム残留を表明して話題になっていた。それだけに、憶測を呼ぶ要素はあったというわけだ。

   ところが、ダルビッシュ投手は、ツイッターで11月16日、「ほんと一辺倒な記事しか書けないね」と、これらの報道を批判する発言をした。さらに、前日につぶやいた「状況」の変化について、「トレーニングの事やねんけど(笑)」と明らかにした。

   この発言に対し、ブチ切れたのが産経だ。16日の配信記事で、「ダルビッシュ、メジャー移籍説を一蹴」と報じたうえで、次のように苦言を呈したのだ。

「誤解や憶測を招くダルビッシュの発言自体にも大いに問題がありそう。今や日本球界を代表するエースとなったダルビッシュだが、『自身の発言の影響度』についてはまだまだ自覚が足りないようだ」

産経の苦言に「逆ギレ?」と反撃

   産経新聞の記事では、ダルビッシュ投手は、過去にも「お騒がせ」発言があったと指摘している。日本シリーズ進出をかけたロッテ戦の日にブログで残留表明したことから、ロッテファンらからスポーツ紙の扱いが悪くなったと批判され、ツイッターで謝罪したというものだ。

   懲りない「問題発言」を諫めようとしたらしいが、ダルビッシュ投手は、ツイッターで2010年12月16日、こう反撃した。

「某新聞、逆ギレ?(笑)」

   産経自らが「一辺倒」に憶測記事を書いただけなのに、人のせいにするのは大人げないのではないか、と突っ込みたかったようだ。

   一方、産経新聞ではその後、当該の記事をサイト上から削除してしまった。

   こうした一連のやり取りは、ネット上ですぐに話題になった。2ちゃんねるでは、「ダルおもしれーなw」「新聞を一言で黙らせるって なにげにすげえスキルだよな」とダルビッシュ投手に感心する声のほか、「削除とかどこの炎上ブログだよ」「釣られて切れるとかw」と産経の対応ぶりに疑問の声も出ている。

   スポニチや報知によると、日ハムの球団代表は16日、ダルビッシュ投手と年内に契約更改の交渉をすることを明らかにした。ただ、メジャーに移籍する可能性が全然ないとはいえないのでは、との見方は依然あるようだ。

   日本ハムの球団広報では、取材に対し、来季は日ハムで頑張るのに変わりはないとして、移籍については、「聞いていない」と話す。トレーニングにどんな状況変化があったかについては、「選手の自主トレ期間ですので、分かりません」と言っている。

   産経新聞の広報部は、記事削除の理由などを聞くと、「編集上の個別の案件についてはお答えできません」とコメントするのみだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中