「尖閣映像流出」保安官が辞職届 海保受理せず

印刷

   尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、流出への関与を認めた神戸海上保安部の男性海上保安官(43)が辞職届を提出していたことが2010年12月19日、分かった。海上保安庁は受理しておらず、年内にも懲戒処分にする方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中