握手会でファンに「スルーされる」 「AKB48」正規メンバーの涙

印刷

   人気絶頂のアイドルグループ「AKB48」。握手会のイベントを開くと毎回2万人ものファンが殺到するという過熱ぶりだが、中にはファンから無視されるメンバーもいる。握手するためにスタンバっていてもファンから「スルーされる」というのだ。それで、楽屋に泣きながら帰る人もいる。

   「AKB48」は2010年、シングルCD「Beginner」でミリオンヒットを飛ばし、オリコンが集計した年間シングルCDトップ10で1位、2位を独占したほか4曲がトップテンに入った。ファンの中には一人で何十枚もの同じシングルCDを購入したりするが、それはCDに付けられた「握手券」が目当てというケースが多い。

「異常なまでスルーされたよ。目から湧き水」

   今ネットで話題になっているのが「AKB48」メンバーの仲谷明香さん(19)、岩佐美咲さん(15)のブログ。2010年12月11日に東京「味の素スタジアム」で握手会イベントが開催され、2人が会場入りした時のことが綴られている。

   岩佐さんは携帯用ブログ「スーパー美咲タイム」で、こう綴った。

「美咲とも握手してくれたら嬉しいです。かな~り悔しいです」
「美咲のこと見えていないんだろうか!?異常なまでスルーされたよ。目から湧き水」

   仲谷さんは「握手会は楽しかった」としたあとで、

「さらーっと通り過ぎた方、今度は仲谷とも握手して下さい!!(笑)」

と書いた。

   この日の「味の素スタジアム」にはファンが1万8000人集まり、28人のメンバーが対応。メンバーは2人一組になっていて、「握手券」1枚で14組の中から1組を選んで2人と握手が出来る。CDを大量に買ったファンはたくさんの「握手券」をゲットして何組とも握手が出来る、という仕組みだ。しかし、先のブログの2人は誰と組んだかわからないが、ファンは相方のメンバーだけと握手をして帰ってしまった、ということらしい。

ずっと一人で立っている「大家志津香の苦悩」

   なぜこんなことが起きてしまうかというと。「AKB48」のファンは目当てのメンバーをピンポイントで狙い握手をする場合が多い。そのためほかのメンバーはスルーすることがよく起こるという。握手会は人気のバロメーターになっていて、ファンが集まらなかったメンバーは正規メンバーから外される、ということもある。

   テレビ東京系で2010年11月5日に放送された「週刊AKB」では特別番組「大家志津香の苦悩」が放送された。大家さん(19)は07年5月に「AKB48」のオーディションに合格し研究生になり10年7月に正式メンバーに昇格した。番組では10年9月5日に「幕張メッセ」で行われた握手会の模様を流したが、大家さんは握手会の途中で泣き出し、バックステージに消えていった。理由はファンが握手を求めに来なかったからだ。

   この日、人気のあるメンバーは午前9時から19時30分まで通して握手をしているが、大家さんの出番は1時間半と短かった。なぜ泣いたのか?

「握手で並んでくれるファンの人の数が凄く少なくて、同じ人がずっと来てくださっていて、そのファンの方も、やばいよ、やばいよって・・・」

   番組では大家さんがずっと一人で立っている映像が流された。たまに握手を求められるのだが、それは同じ人。「列が少ないのは僕達もショックだから」と何度も並んでくれたのだという。

「ファンの数が少ないのは自分の実力不足ですが、自分だけじゃなくて、ファンが少ないことで、傷つく必要のないファンまで傷つけることになってしまった」

   番組では最後に、東京・渋谷駅前に立っている姿を写した。大きな垂れ幕のようなものを持っていて、自分の名前と自己紹介を書いていた。これを持って街を歩き、少しでも自分の存在を知ってもらい、握手してもらえるように頑張りたい、というものだった。「国民的アイドル」といわれるまでになった「AKB48」だが、正規メンバーという栄光を手にしても、現実は厳しいようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中