漁船沈没事件きっかけに 中国ネットで「嫌韓」高まる

印刷

   黄海で中国漁船が韓国海洋警察の警備艇に衝突し、中国側乗組員に死者・行方不明者が出た事件で、中国側は記者会見で、韓国側に損害賠償を求めることを明らかにした。これに対して、韓国マスコミは「逆切れ」などと反発。一方、中国のポータルサイトでは、韓国批判が高まりつつある。

   韓国側の発表によると、2010年12月18日、韓国の経済的排他水域(EEZ)内で違法操業していた中国漁船団を韓国の海洋警察が追跡し、漁船団の後方にいた木造漁船に接近。漁船の乗組員が鉄パイプやシャベルを振り回して抵抗し、海洋警察官4人が骨折するなどして負傷した。

中国側の損害に対して賠償を求める

   さらに、別の中国の木造漁船が、警備艇の進路を妨害しようとして警備艇の船首に衝突。漁船はこの勢いで沈没し、漁船の乗組員10人が船に転落。中韓双方が救助活動を行ったが、1人が死亡、1人が行方不明になっている。

   韓国側は、死者が出たことに対して遺憾の意を表明したものの、中国側は反発した。中国外務省の姜瑜副報道局長は12月21日の定例会見で、

「事件に対して重大な懸念を表明する。韓国側には、行方不明になっている乗員を全力で捜索し、加害者を処罰し、中国側の損害に対して賠償し、再発防止に向けた具体的な取り組みを行うように求めている」

と要求。

「中国漁船は、韓国の水域で、韓国海洋警察の警備艇にぶつかったのではないか」

という質問には、

「事件は『中韓漁業協定』に基づいた水域で発生した。両国の漁船は、この水域で操業することができる。両国は、それぞれに国の漁船を管理し、どちらかの国が、もうひとつの国に対して違法操業について通報する権利はあるが、相手方の船に対して法律を執行することはできない」

と、韓国側の対応に異を唱えた。

   これに対して、韓国側メディアは、「中国逆切れ」(朝鮮日報)「無礼な中国」(中央日報)といっせいに批判。ニュース記事のコメント欄では、

「もっと軍事力を強化しないとだめだ」
「中華思想の国からすれば、周りの国は、みんな敵国だ」

などといった書き込みが目立つ。

2008年にも中国のネットユーザーが大規模な韓国批判

   一方の中国メディアは、総じて事実関係を淡々と伝えているが、記事のコメント欄は、韓国より感情的だ。

「韓国は日本のやつよりも凶悪だ」
「もう韓国ドラマなんて見ないし、韓国料理も食べない」
「以前は韓国の印象は良かったが、今は嫌いだ」

   なお、2008年には、韓国メディアのウェブサイトに「孫文の起源は朝鮮半島」という真偽不明な記事が掲載され、中国のネットユーザーが激怒。大規模な韓国批判に発展したこともある。

   なお、今回の沈没事件については、聯合ニュースによると、韓国側は中国側と共同調査を行う意向を表明しており、事態の鎮静化を図りたい考えのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中