漫画家に早くも「お達し」 都条例改正で出版社も混乱

印刷

   東京都の青少年健全育成条例の改正案の成立で、出版社やマンガ家の間に混乱が起きている。少女漫画家の高藤Jrさんは2010 年12 月27日に「ツイッター(Twitter)」で、自分がマンガを描いている出版社から「お達し」があり「あたしの漫画、ほとんどもうコミックス化できない」と嘆いた。

「Hありの漫画を描くように言われてきたのに」

   高藤Jrさんは1999年にデビューし、「誰もあたしを好きにならない」「ちょこっとBUSS」などの作品がある。ブログのプロフィールには「1日400円で生活するちょいエロ少女漫画家」などと書かれている。そんな高藤Jrさんが27日に「ツイッター」で、都の条例改正案の成立を受け、出版社から「お達しがあった」と打ち明けた。高校生が恋愛する45ページ分のネームを仕上げていたのだが、書き直しになったという。その「お達し」の内容はというと、

「過激な性描写だけではなく、未成年やセーラー服の女性との性描写、学校、女子寮、公園、トイレ、教会、寺、神社での性行為ets」

などの禁止なのだという。こんなに禁止項目が多ければ高校生を主人公とする少女漫画家は成り立たないし、高藤Jrの漫画ではないと読者から言われてしまうだろうと嘆いた。

   そして、

「あたしの漫画、ほとんどもうコミックス化できない。。。必死でどん底から這い上がってやってきたのに(涙)どうしたらいいんだろう」
「デビューしてからH有りの漫画を描くように、今はHじゃなきゃ売れない!と言われてきて、それがあたしの漫画で(涙)」

とつぶやいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中