桑田佳祐、紅白で本格復帰 紋付きはかま姿で登場

印刷

   サザンオールスターズの桑田佳祐さん(54)が2010年12月31日、NHK紅白歌合戦のスペシャルゲストとして登場し、事実上の「復活宣言」を行った。

   桑田さんは、嵐・いきものがかりが対戦した直後の23時過ぎ、都内のスタジオから、紋付きはかま姿で登場。司会の松下奈緒さんが、

「全国の皆さんにメッセージを」

と水を向けると、

「全国放送なんですか。まずいな…」

とジョークを飛ばす余裕を見せつつ、

「大変ご心配をおかけしましたが、皆さんの声援のおかげで素晴らしい年になりました。みんなから沢山いただいたメッセージで、新たに飛躍できたら」

と、視聴者に「復活宣言」。「それ行けベイビー!!」「本当は怖い愛とロマンス」の2曲を、背景にバニーガールをはべらせながら披露した。

   NHKホールの楽屋裏ロビーでも、大勢の報道陣がモニターに釘付け。桑田さんの姿が映し出されると、「おおーっ!」と歓声があがっていた。番組終了後、紅組司会の松下奈緒さんも、

「『ああ、お帰りなさい』という気持ち。ご一緒させていただいて嬉しかったです」

と話していた。

   桑田さんは10年7月に食道がんが見つかり、8月に手術を受けた。その後、アルバム制作に向けたレコーディングを再開し、本格復帰の時期が注目されていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中