連合赤軍事件の永田死刑囚死亡

印刷

   1970年代初めの連合赤軍事件で死刑が確定していた元最高幹部の永田洋子死刑囚が2011年2月5日夜、東京拘置所(東京都)で死亡した。65歳だった。6日の法務省発表によると、死因は「多臓器不全と推定される」と医師から報告があったという。脳萎縮や肺炎の治療中だった、としている。

   連合赤軍は、武装闘争による共産主義革命を掲げ、「総括」と称して仲間らをリンチ殺害する事件を起こした。永田死刑囚らの逮捕後、残ったメンバーらが、1972年の「あさま山荘事件」を起こした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中