連合赤軍事件の永田死刑囚死亡

印刷

   1970年代初めの連合赤軍事件で死刑が確定していた元最高幹部の永田洋子死刑囚が2011年2月5日夜、東京拘置所(東京都)で死亡した。65歳だった。6日の法務省発表によると、死因は「多臓器不全と推定される」と医師から報告があったという。脳萎縮や肺炎の治療中だった、としている。

   連合赤軍は、武装闘争による共産主義革命を掲げ、「総括」と称して仲間らをリンチ殺害する事件を起こした。永田死刑囚らの逮捕後、残ったメンバーらが、1972年の「あさま山荘事件」を起こした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中