中国「偽ガンダム」復活 装飾付け加えライトアップ中

印刷

   中国・四川省のテーマパーク「国色天郷楽園」に2010年暮れ、突如現れた「機動戦士ガンダム」そっくりの巨大ロボット。著作権を侵害していると指摘があり、撤去されたが、この後改造されて帰ってきた。しかもついに夜間ライトアップされてだ。

   中国の大手ポータルサイト「網易」によれば、全長15メートルの巨大ロボットは11年1月30日までに、同園に再登場した。中国の旧正月である「春節」のイベントに合わせた復活で、ベースの色は黄色のままだが、トゲやパイプなど、ゴテゴテとした装飾が新たに付け加えられている。

旧正月イベントの目玉?

中国版ツイッターに投稿された「天郷2号」のライトアップ画像
中国版ツイッターに投稿された「天郷2号」のライトアップ画像

   ロボットは撤去前と同じく表面がナイロン布で覆われており、夜間は黄金色にライトアップされる。国色天郷楽園の公式ウェブサイトは旧正月仕様に変更されているが、ロボットについては撤去前のようにはっきりとした記述はない。ただし、ライトアップイベントの説明として「未来の星で、未来戦士とモンスターとの戦いを体験」との一文があり、これがロボットの公式設定だと見られる。

   日本のテレビ局も「まるで悪役キャラクターのようです」と復活したロボットを紹介。テーマパークの広報担当者はTBSの取材に対し、「ロボットは『天郷2号』という名前で、我々の設計部がデザインしたものです。自主設計ですので権利侵害にはならないです」と答えたという。

   同園ではニンジン型キャラクターや巨大ツリーなど、さまざまなオブジェが夜間にライトアップされているが、「天郷2号」も意外と人気な様子だ。中国ネットユーザーの間では、「すごかった!」「私は天郷2号がお気に入り」との感想も出ている。旧正月のイベントは2月17日まで続く。

パロディー動画が25万回再生

ニコニコ動画で大人気のパロディー動画
ニコニコ動画で大人気のパロディー動画

   日本では、強引な再登場が「ダサすぎで笑った」「ザクとかグフっぽい(いずれもガンダムの敵キャラクター)」「ここまできたら尊敬に値する」と再び話題になっている。どこか愛嬌のあるデザインが絵心をくすぐったのか、このロボットをパロディーで表現した創作物がインターネットに上がり、盛り上がっている。

   イラストや動画などのパロディーの中には、本家ガンダム風に描いたものや、スタイリッシュにデフォルメしたものなどを含めかなり本格的な作品もある。

   なかでも人気なのが、ニコニコ動画で2011年2月4日から公開されている「【3DCG】四川ガンダムのOPを妄想してみた【中国四川省】」で、再生回数は25万回以上(2月10日現在)。仮想アニメのオープニング映像が、目を見張るようなクオリティーで描かれており、「かっこよすぎ」「中国じゃこの完成度は無理」「中国が採用したらおもろいのに」「中国からパクリのパクリのパクリが起きそう」といった賞賛のコメントがたくさん寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中