AKB指原の番組内で金集め? ファンらから不満相次ぐ

印刷

   AKB48メンバーの指原莉乃さん(18)が出演するテレビ番組が、金集めに使われていると、ファンらから不満が相次いでいる。携帯サイトでの投票が集まらなければ番組を打ち切るとしたが、それが有料サービスだったからだ。ただ、投票者全員にプレゼントをするとはしていた。スポンサー側は、「ご意見は今後参考にしたい」と言っている。

   投票が呼びかけられたのは、TBS系で2011年2月8日の深夜番組として放送された「さしこのくせに」だった。

3万票集まらないと番組打ち切りを宣言

本人も当惑?
本人も当惑?

   番組は、「さしこ」こと指原莉乃さんのアイドル育成をうたっており、この日は、指原さんに番組スポンサーから課題が与えられた。指原さんの携帯サイトを運営しているサイバードの堀主知ロバート社長が、サイト上で番組存続を希望するかどうかの投票を受け付け、存続希望が3月末までに3万票に達しなければ番組を打ち切ると宣言したのだ。

   指原さんは、10年に行われて話題になったAKBの総選挙で、6704票の19位に留まっている。それだけに、番組では、「無理だよ!」と漏らしながらも、3万票を得るために頑張ることを明かした。

   携帯サイトでは、投票者には、待受画面をプレゼントするとしたほか、動画のドラマも無料で視聴できるようになるとうたっている。しかし、投票するためには、月額315円を払って会員登録をしたうえ、1回の投票で50円がかかることになっていた。また、投票は上限なくできるとし、5種類の待受画面は、ランダムでプレゼントするともしていた。

   投票が有料であることは、番組内では触れられていなかった。このため、ブログやSNSなどで、投票しようとしたファンらから不満の声が相次いでいる。

   ミクシィでは、1万人以上が参加する指原さんのコミュニティで、「このやり方についてどう思いますか?」とのトピックが立ち、「せこい手段にげんなり」「さしこのイメージダウンになる」との声が寄せられている。

「ファンの方に特典で還元する」

   指原莉乃さんのブログには、ファンらからコメントの書き込みが6000件以上も来ており、「投票しまくったよ」「300票まできたー!」などの報告もあった。

   こうした反響のすごさについて、指原さんも2011年2月9日のブログで、驚いていることを明かし、「指原のためなんかに、みなさんくれぐれも無理をなさらず…」と呼びかけている。

   サイトで有料投票を呼びかけるのは、新手のAKB商法になるのか。

   ファンらの不満について、サイバードホールディングスの広報担当者は、「賛否両論たくさんのご意見をいただいており、こうした意見は、今後のサイト運営に役立てたい」とだけ話す。投票がどれだけあるのかやこうした意見への考え方については、近くサイト上で発表したいとしている。

   指原さん所属事務所の太田プロダクションでは、担当者が「不満があることについては聞いています」と話した。そのうえで、「お金を取りっぱなしということではなく、ファンの方に特典で還元するとうたっています」と説明する。投票は、かなり集まっていると聞いているという。

   AKB48を運営するAKSの広報担当者は、「指原の番組については、太田プロさんに聞いて下さい。内容については、まだ情報を認識していません」としている。

   J-CASTニュースでは、TBSの宣伝部にも、取材を申し込んでいる。

   なお、サイトを運営するサイバードは10日夜になって、投票が目標の3万票に達したことを明らかにした。放送終了後20時間強で目標に達し、投票を締め切ったという。このことを踏まえ、同社では、番組継続をTBSに交渉していくとともに、投票者には新たに300円を還元することに決めたともした。

   ただ、AKB総合プロデューサーの秋元康さんからは、「痛烈なお叱り」を受けたという。その理由について、同社の広報担当者は、「お答えできない」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中