暴行された米美人記者巡り議論  なぜ危険な場所に行ったのか

印刷

   米CBSニュースの女性記者、ララ・ローガンさんがエジプトの反政府デモの取材中、暴徒と化した群集に襲われた。CBSが「性的暴行を受けた」と発表したこともあり、世界中に衝撃を与えた。

   ローガンさんはイラクなど戦場リポートの経験が豊富な一方、「美人記者」として注目度も高かった。米国では「わざわざ危険な場所に彼女が行く必要があったのか」と議論が起きている。

「ララ・ローガンは生きていて幸運だった」

フェイスブックも頻繁に更新していたローガン記者
フェイスブックも頻繁に更新していたローガン記者

   CBSによるとローガン記者は2011年2月11日、エジプト・カイロのタハリール広場で200人以上に囲まれ、同行していた取材スタッフと引き離されたうえで暴行を受けた。翌日には米国に帰国して入院、治療を受けた後に退院して自宅に戻ったと報道されている。

   CBSの看板報道番組の特派員として活動するローガン記者は、かつてモデルだったと言われ容姿端麗だ。これまでイラクやアフガニスタンに従軍記者として同行し、現地からリポートしていた。エジプトで被害にあった日も、直前までデモの様子を伝えていた。その数日前までは自身の「フェイスブック」をたびたび更新し、「今夜のニュースでカイロの様子をお伝えします」などと書いていた。

   だが、今回の暴行事件に関してローガン記者を「批判」する動きもある。米ブログメディア「ゲートウェイ・パンディット」を運営する米ブロガーのジム・ホフト氏は2月16日、「ララ・ローガンは生きていて幸運だった」「なぜこの魅力的な金髪の女性記者がわざわざタハリール広場でウロウロしていたのか」と投稿。危険な場所だと知ったうえで被害に合ったとし、「二度と同じことをすべきでない」と苦言を呈した。

   ジャーナリストのニール・ローゼン氏は、「中傷」とも取れる言い回しをした。事件後、ツイッターで「ララ・ローガンは(著名ジャーナリストの)アンダーソン(・クーパー)を超えなければならなかった」と書いた後、「少なくとも彼女の役割は一流の『戦争屋』として記憶される」などと揶揄するような発言を重ねた。多くの非難を浴びた同氏は謝罪、勤務していたニューヨーク大学の職を辞することになった。

「それが彼女の仕事だ」

   米メディアの大半は、ローガン氏に同情する。女性ジャーナリストのゲイル・ツェマック・レモン氏は「ハフィントン・ポスト」に記事を寄せ、「なぜローガン記者はそこ(タハリール広場)に行ったのか、女性がそんなカオス状態の場所に行くべきか」という問いに「それが彼女の仕事だ」と明言。「男性であれ女性であれ、紛争地域を訪れるという決断はその人自身が下すもの」と、ローガン記者の行動を支持した。

   だが複雑な胸中を語る人もいる。CBSワシントン支局長を務めるジャネット・ライズナー氏は英デイリーメール紙電子版「メールオンライン」の取材に対して、ローガン記者に向け「再び戦争報道の現場に戻ろうとするなら、自分が2児の母であることをよく考え、とにかく慎重に振舞うべきだ」と助言した。一方、「もし彼女が(戦場に)戻りたくて、CBSも喜んで受け入れるとしたら、誰も止めることはできないでしょう」と語っている。

   ローガン記者が特派員を務めるCBSニュースは、近年視聴率低下に悩まされている。夕方に放送される「イブニングニュース」は2010年8月、過去20年で最低の視聴率にまで落ち込んだ。全米のテレビニュース自体も不調で、調査会社Pewが2011年1月4日発表したデータによると、18歳以上の米国人1500人で、国内外のニュース情報をどこで入手するかとの問いに「テレビ」と答えた割合は66%だったものの過去10年間では最低で、ピーク時の2002年から16ポイントも減らした。一方で「インターネット」との回答者は41%に迫り、「ニュース番組離れ」が加速していることをうかがわせる。米国では戦争報道などに「美人記者」を起用する例が目立つと言われる。CBSがニュースの視聴率低下を食い止めるひとつの手段として「美人記者」を使っている、との見方も根強い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中