土肥議員、竹島問題で釈明 「議員辞職要求」強まる気配

印刷

   民主党の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が、日本政府に対して竹島の領有権を放棄するように求める共同宣言に署名していた問題で、政治倫理審査会(政倫審)会長を辞任する意向を表明した。だが、これだけで騒動は収まりそうもなく、野党からは、議員辞職を求める声が続出。土肥議員は、党内で菅直人首相のグループの顧問を務めているだけに、政権にとっても打撃になりそうだ。

キリスト教議員連盟の会長として出席

   問題とされている共同宣言は、土肥氏が11年2月末、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として出席した行事で署名したもの。共同宣言には、

「日本政府は歴史教科書歪曲と独島の領有権主張により、後生に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない」

との文言があった。

   この事実が明るみに出た直後から、土肥議員に対する批判が相次いでいる。竹島を管轄する島根県の溝口善兵衛知事は3月10日午前、

「政府の見解と異にするものであり、大変遺憾」
「議員がどのような考えに基づいてそのような言動をされたのか、改めてこの問題についてきちっと説明されるべきと考える」

とするコメントを発表。枝野幸男官房長官も、同日午前の記者会見で

「発言は大変遺憾」

と話した。ただ、土肥氏の殊遇については

「政府の役職にはついていないので、党の方で、幹事長を中心に適切に対応されるものだと思う」

と述べるにとどまった。

「『待ってくれ。これは問題だ』というのはやめた」

   土肥議員は、3月10日17時半から開いた会見の中で、

「竹島は日本の固有の領土。これは間違いない。菅内閣とは一致した意見を持っている」

と強調。共同宣言の文面は、行事の最終段階で知らされ、その文面には自分の名前が印刷されていたが、実際に自分がペンなどで署名した訳ではないという。その経緯については、

「読み上げられた時に『おやっ?』と思ったのが事実。会も進行しており、(聴衆が)5000人いたので、『待ってくれ。これは問題だ』というのはやめた。共同宣言の文は過激なものだったが、修正を求める時間はなかった」

と釈明した。ただ、自身の進退については

「どう政治責任をとるかについては、全ての役職をご辞退申し上げたい」

と述べるにとどまり、議員辞職については否定した。産経新聞の記者が

「議員辞職すべきなのでは」
「国益を損ねているという考えはまったくないのか」

と追及すると、

「見解の分かれるところ」
「国益というのも抽象的な話で、国益と言えば、あらゆる政治家は縛られてしまう」

などと話した。

   問題発覚後も、菅首相とは連絡はとっていないといい、抗議が殺到していることから、

「地元(兵庫県)の事務所も閉めている。我が家も閉めている」

と発言。問題に向き合う姿勢が問われそうだ。

   野党からは、3月10日昼の時点で、すでに議員辞職を求める声が強まっている。自民党は、外交部会などの会議で土肥氏の責任を追及する方針を確認。小野寺五典外交部会長は、

「もし事実であれば、政倫審の会長をお辞めいただくことが重要。議員の身分についても、 日本の国会議員として適当なのか、今後の対応を見ながら考える必要がある」

と、議員辞職を求める可能性に言及した。

   ツイッター上でも、続々と議員辞職を求める声が出ている。

   自民党の小池百合子衆院議員は

「日本国の議員も辞任されるべきです」

と書いているほか、みんなの党の浅尾慶一郎衆院議員は、

「拘束力のない決議案ですが、議員辞職勧告決議案を出すことを検討します。但し、みんなの党は衆議院に5名しかいないので、他党の協力が必要」

   他党と連携した上で議員辞職を求めていく考えを明らかにしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中