「通名使って自民党議員に献金しませんか?」 「在日コリアン」がツイッターで呼びかけ騒動に

印刷

   政治資金規正法で禁止されている外国人からの献金で前原誠司前外相が辞任したのを受け、ツイッターで在日コリアンだという人物が「通名を使って自民党右派議員に献金しよう」と呼びかけ、騒動になっている。

   この人物はプロフィール欄に「在日コリアン」と書いており、以前から北朝鮮の政治情勢や韓国の文化などについて呟いていた。

「冗談でも言ってほしくない」

   前原前外相が辞任した2011年3月6日には「外国人からの政治献金を規制するのはそれなりに納得いくが、この国が永住権を与えた、この国に在住する納税者は除かれていいのではないのか?」と疑問を呟いていたのだが、その後、翌7日に、

「在日同胞のみなさん!通名を使って自民党右派議員に献金しませんか?(冗談だよ)」

と投稿した。

   通名を使い、外国人と知らせず献金することで、気に入らない議員を陥れようという意味なのだろう。本人は冗談だとしているが、すぐさまこの人物には非難が殺到。「日本の政治を外国人が無茶苦茶にしてやろうぜってことだから、冗談でも言ってほしくない」「最悪だ」「マジでタチが悪い連中だな」といった呟きが寄せられ、炎上状態になっている。

自民党議員事務所「防ぎようがない」

   一方で、具体的な自民党議員の名前をターゲットにあげ「どんどんやれ!」という声も上がっている。本当にやる人が出てきたらどうなってしまうのか。ある自民党議員事務所は

「献金の申し出があった際に送る資料の中で、日本国籍を持っていないと献金できないと説明しているし、名前が『金さん』とかいかにも外国人とみられる場合は国籍を文書や口頭で確認しているが、政治資金規正法では、献金する際に戸籍を用意しなければいけないといった決まりはない。なので、外国人が通名を使って、国籍の条件を無視して献金したとしても、防ぎようがない」

と話す。ただ、故意に外国人から献金を受ければ罰則の対象となるが、故意でなければ大きな問題はないと見ており、

「返金するかどうかは別として、故意ではなく、こちらに落ち度がなければ罰則の対象にはならないと思う。前原さんの場合は、献金をもらっていたこと自体は知らなかったとしていますが、中学生のころからの知り合いであったこともあり、これ以上追求されると厳しいので早めに辞めたのでしょう。大臣ではなく、一般議員だったらそれほど大きな事態にはならなかったと思う。だから通名で献金してそれを受け取らせても、恐らくあまり意味はありません。むしろ、外国人が献金できないと知って敢えて献金するのだから、そうやって献金する人の方が、違法性は高いのではないか」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中