う回増で運行私鉄も大混雑 自転車通勤に切り替える乗客も

印刷

   計画停電による運休が相次いだ鉄道の中で、通勤時に運行したJRなど私鉄各線は、う回の通勤・通学客らも殺到して大混雑となった。

   ツイッターでは、こうした情報が飛び交っており、通勤などをあきらめる人たちもいたようだ。

タクシー乗り場にも長蛇の列

ごった返す駅構内(神奈川県川崎市内で)
ごった返す駅構内(神奈川県川崎市内で)

   午前中は運行していた東急・田園都市線では、10分間隔の各駅停車の電車のみで運行された。しかし、神奈川県方面からの運行がストップしている小田急線からう回してくる乗客も相次ぐなどしたため、東京都内・渋谷駅など各駅のホームには午前8時ごろでも、乗れない人たちがあふれる事態になった。

   神奈川県川崎市内にある田園都市線・宮前平駅では、駅員が改札前で一時、入場を制限した。改札前には、不安そうな表情の通勤・通学客らが電話連絡などに追われ、タクシー乗り場にも長蛇の列が続いた。

   ほかの私鉄各線でも、各駅で大混雑が続いたようだ。ツイッターでは、「JR通勤ルートぜんめつじゃねえかw 京急しかねえ」「ようやく銀座につきました。いつもの通勤時間の3倍以上かかりました」といった報告が相次いだ。

   国交省が通勤・通学を控えてと呼びかけたためか、「買い物客の中には通勤を諦めたらしいネクタイ姿の人が結構多い」とのつぶやきもあった。

   災害に強く、省エネだとして、自転車通勤に切り替えたという報告も多かった。しかし、「予想通り自転車屋混んでるなぁ」との声も聞かれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中