被災おじいさん「また再建しましょう」 「泣いた」「感動した」ネットで大人気

印刷

   日を追って深刻な被害が明らかになってくる東北関東大震災に関連して、1人の被災者のおじいさんが発した言葉がインターネット上で「感動した」と話題になっている。このおじいさんは、1960年のチリ地震に伴う大津波被害の体験者だ。おじいさんは被災家屋から救出された際、テレビ局の取材に対し、「また再建しましょう」と笑顔で力強く答えたのだ。

   「今、降りてきます」。巨大地震発生から3日目の2011年3月13日11時前、フジテレビ系ニュースは、岩手県内で3人のお年寄りが取り残された家屋3階から自衛隊員らに救出された状況を映像と共に伝えた。高齢な人3人で、うち2人は女性、1人がおじいさんだった。

「チリ津波んときも体験してっから。大丈夫です」

   自衛隊員らが付きそう中、おじいさんはしっかりした足取りで、階段を降りてきた。茶色のジャンパーにめがね姿で顔には笑みを浮かべている。テレビ局の記者がマイクを向けると、「大丈夫です。よかったです」と答えた。

   さらに、「チリ津波んときも体験してっから。大丈夫です。また再建しましょう」と笑顔で続けた。

   チリ津波とは、1960年5月に南米チリ近海で発生したマグニチュード9.5を記録した大地震の影響で、太平洋をはさんで日本の岩手県や宮城県などの海岸沿いを襲った大津波のことだ。国内で140人以上が死亡した。

「おじいさん、おばあさん、私達にまかせてください」

   ニュースの放送後間もなく、おじいさんの前向きな姿勢に対し、ネットで称賛の声が挙がり始めた。ツイッターでは、「かっこいい」「力強い」「泣いた」「感動した」などの書き込みが続いた。動画投稿サイトのユーチューブでも関連映像が再生回数4万5000回を超える勢いのものもあり、「俺さっそく献血いってくるわ」「ゆとり世代って馬鹿にされてきたけども(略)大丈夫。おじいさん、おばあさん、私達にまかせてください」と力強いコメントも寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中