「ヨウ素入りうがい薬飲まないで」 研究所「効果なく有害」

印刷

   東京電力福島第1原発の一連の事故を受け、放射線医学総合研究所(千葉市)が、ヨウ素を含むうがい薬などを飲まないで、と注意を呼びかけている。2011年3月14日に同研究所サイトで公表したものだ。「ヨウ素」に関して根拠のない情報がインターネットなどで流れている、と指摘している。

   放射性ヨウ素が大量に体内に入った場合の健康への影響を減らすため、避難所などで医師が「安定ヨウ素剤」を処方することがある。ネット上では、市販では入手できない「安定ヨウ素剤」の代用として、ヨウ素を含んだヨードチンキやうがい薬などを飲むことを勧める情報もあるという。同研究所では、うがい薬などは内服薬ではないため、「有害な作用を及ぼす可能性のある物質も含まれる」と注意している。また仮に飲んでも「ヨウ素含有量が少なく」効果はないとしており、代用として飲むのは「絶対にやめてください」と訴えている。

   ほかにも、ヨウ素を含むわかめなどの海藻類についても、「十分な効果がありません」と指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中