薬効ある人工皮膚、マラリアワクチン… 画期的な治療法続々

印刷

   大学で生まれたアイデアを国が支援し、新しい薬や医療機器を開発する戦略的なプロジェクトによる日本発の有望な治療法が生まれつつある。3月上旬、神戸市の先端医療振興財団で開かれた成果報告会で明らかになった。

   文部科学省の「橋渡し研究支援推進プログラム」としてこの日報告されたのは、6大学と同財団の計7拠点からの17課題。大学が厚生労働省の承認を受けて実施している先進医療は4件、確定ずみの医師主導臨床試験は5件、企業に渡された薬などは10件となった。

   木村芳孝・東北大学国際高等教育機構教授は、妊婦の皮膚表面の微弱な電気を測定するだけで「胎児心電図」を取り出すことに成功した。測定機を担当する企業が臨床試験を計画中という段階になっている。

   鈴木茂彦・京都大学形成外科教授らは、潰瘍治療薬の線維芽細胞増殖因子を潰瘍部に塗布後、人工皮膚を貼りつける併用治療法を開発した。人工皮膚には薬物保持機能があり、糖尿病などによる難治性皮膚潰瘍の治療効果が高いという。

   堀井俊宏・大阪大学微生物病研究所教授らは世界初のマラリアワクチンを開発中だ。マラリア原虫に対する抗体と効果増強物質で、原虫の増殖を妨げる。12年度の臨床試験開始を目標にしている。

   澤芳樹・大阪大学心臓血管外科教授らは重い心臓病の患者さんの心臓に、本人の足の筋肉細胞を培養して作ったシートを張る治療法を開発した。1月、サウジアラビアの患者さんを治療し、話題になった。

   藤堂具紀・東京大学TRセンター特任教授らは遺伝子操作により、がん細胞のみで増殖し、がん細胞を破壊する治療用ヘルペスウイルスを開発した。悪性脳腫瘍の膠芽腫(こうがしゅ)から臨床試験が予定されている。

   森本幾夫・東京大学医科学研究所教授らはアスベストによるがん・悪性中皮腫に有効な抗体を発見、フランスで臨床試験が始まっている。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中