ロッテ、被災地へお菓子28万個、ホカロン14万枚 義援金も日韓で2億円

印刷

   ロッテは、東北地方太平洋沖地震の被災地の人々に対し、救援物資としてお菓子28万8000個(6050ケース)を農林水産省を通じて、また、使い捨てカイロ「ホカロン」14万2000枚を経済産業省を通じて、それぞれ2011年3月22日までに提供した。

   また、日本ロッテグループと韓国ロッテグループは、それぞれ義援金1億円ずつを、日本赤十字社を通じて提供すると3月18日付けで発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中