2号機の水「1000万倍」の放射性物質検出

印刷

   東京電力は2011年3月27日、福島第1原子力発電所2号機のタービン建屋地下にたまった水から、運転中の原子炉の水と比べて1000万倍と高濃度の放射性物質が検出されたことを明らかにした。1、3号機で検出された濃度と比べても1000倍となる。放射線量も、毎時1000ミリシーベルト以上とこれまでで最大を計測した。

   2号機は3月14日から15日にかけて、原子炉を覆う格納容器下部にある圧力抑制室で爆発が起き、一部破損した可能性がある。今回検出された高濃度の放射性物質について、どこから漏れだしたものは現時点で不明だが、壊れた圧力抑制室との関連は否定できない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中