ボランティア情報まとめサイトが続々

印刷

   東北関東大震災の被災地に出向き、力になりたいと思っている人向けに、ボランティア情報のまとめサイトがいくつか出てきている。

   「助けあいジャパン ボランティア情報ステーション」には2011年3月30日現在161件のボランティア情報が登録されている。介護や医療などのスキルを持った人向けのボランティアや、誰でも参加できる一般ボランティアを一覧の中から探すことができる。

   「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」は、全国社会福祉協議会、全国ボランティア・市民活動振興センターによる情報ブログ。各被災地の様子が細かく書かれており、どのようなボランティア活動が必要かわかる。募金窓口の案内もある。

   東京ボランティア・市民活動センターが運営する「ボラ市民ウェブ」では、各地のボランティア情報や受け入れ状況、マナーなどをまとめて見ることができる。新着情報のヘッドラインやトピックスなど、ポータルサイト形式になっており欲しい情報を見つけ出すのに便利だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中