公的機関の災害時ツイッター活用 経産省など指針作成

印刷

   経済産業省や総務省は、自治体や中央官庁に対し、災害時の情報発信手段としてツイッターの活用を促す方向で検討をはじめた。具体的な活用方法や注意点などをまとめた指針を作成、近日中に公表予定という。

   2011年4月4日、経産省の担当者が明らかにした。東日本大震災で防災無線が壊れたり、ホームページのサーバが使用不能になったりする中で、一部の自治体では避難場所や医療機関などをツイッターで発信、携帯電話の通話が制限されていた地域からも利用できた例があった。一方で、アカウントの「なりすまし」による誤った情報発信による混乱リスクなども指摘されている。

   3月27日には首相官邸も災害情報を発信するツイッターの公式アカウント(Kantei_Saigai)を開設し、菅直人首相や枝野幸男官房長官の会見主旨や、相談機関の電話番号などのお知らせを発信している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中