北茨城市沖「コウナゴ」から放射性ヨウ素

印刷

   厚生労働省は2011年4月4日、茨城県北茨城市の沖で1日に水揚げされた「コウナゴ」から1キログラムあたり4080ベクレルの放射性ヨウ素を検出したと発表した。出荷はされていないという。魚については、放射性物質に関する野菜(根菜類などを除き2000ベクレル)のような暫定基準値はない。同省は「食べたとしても直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない」としており、暫定基準値の設定を急ぐ方針。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中