東電・清水社長、10日ぶり職務復帰

印刷

   東京電力は2011年4月7日、めまいなどを訴えて入院していた清水正孝社長が退院し、同日午前から出社していることを明らかにした。清水社長は入院中の福島第1原発事故の状況把握や、被災者支援について社内で協議しているという。記者会見などは未定。

   清水社長は11年3月29日から都内の病院に入院。勝俣恒久会長が業務を代行していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中