フジ・秋元アナ 現場リポートで恥ずかしい読み間違い

印刷

   フジテレビの女子アナが生放送中に恥ずかしい読み間違いをした。「脆弱」を「きじゃく」と読み、ネット上で大きな騒ぎとなっている。

   やってしまったのは2006年入社の秋元優里アナ(27)。2011年4月11日深夜に放送された報道番組「LIVE2011 ニュースJAPAN」でのことだ。

帰国子女だから漢字弱い?

   「大震災から1か月 秋元キャスターが生報告」として、津波で多くの被害の出た宮城県名取市から、大量のがれきを背景にリポートした。

   スタジオとの遣り取りを交えながら、神妙な面持ちで現地の様子を伝えていたのだが、最後の最後の部分で

「1か月前の地震、そして津波によってですね、各地の堤防、防波堤、大きな被害を受けています。東日本全体がですね、今新たな災害に対して非常にきじゃくになっている、という部分もありますので地震、そして津波の警報には十分気をつけて頂きたいなと思います」

と読み上げてしまった。

   「きじゃく」というのは「脆弱」のことだと見られる。正しくは「ぜいじゃく」と読む。「それではまた明日」と秋元アナが頭を下げて番組は終わった。

   ネットでは2ちゃんねるを中心に話題となり、「これは恥ずかしい」「女子アナに脆弱性が見つかったな」といったものが寄せられた。また、秋元アナは帰国子女で英語が堪能なことでも知られているが、「帰国子女だから漢字弱いのは気の毒な面もあるけどな。アナウンサーである以上、恥ずかしいことに変わりはないが」という見方も出ている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中