東京電力、福島第1原発の余震対策進める

印刷

   東京電力は、福島第1原子力発電所の1、2号機と3、4号機それぞれの外部電源の供給ルートをつなげ、互いに切り替え可能にする。余震でどちらかが遮断されても原子炉への注水作業を中断させないためで、2011年4月19日までに完了する予定。また、余震に伴う津波で電源が失われないよう、非常用の発電機を15日にも付近の高台に移す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中