枝野官房長官、福島で政府対応の説明 20キロ圏内視察も

印刷

   枝野幸男官房長官は2011年4月17日、東京電力の福島第1原子力発電所事故についての対応を説明するため福島県入りした。また、新たに計画的避難区域となる自治体首長らとの会談、行方不明者の捜索現場の視察もあわせて行う。

   17日朝、ヘリコプターで官邸を出発した枝野長官は、県庁で佐藤雄平知事と面会した後、飯館村・川俣町・南相馬市の3市町村を訪問。避難区域設定に至った経緯や今後の対応などを各首長に説明し、意見交換を行う。午後には、原発から20キロ圏内の地域に入り、行方不明者の捜索にあたる自衛隊や警察らを激励し、同日夕方には官邸へ戻る予定。

   なお、枝野長官の福島県訪問は震災後初めて。4月16日には枝野長官に先駆けて福山哲郎官房副長官が飯館村と川俣町を訪れ、計画的避難区域の指定に関する説明会を行った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中