1、3号機建屋の放射線量、最大57ミリシーベルト/h ロボット調査で判明

印刷

   経済産業省の原子力安全・保安院は2011年4月18日、福島第1原子力発電所の1号機と3号機の放射線量について、ロボットを遠隔操作して調査した結果を公表した。1号機の原子炉建屋内の放射線量は、1時間あたり10~49ミリシーベルト、また3号機は同28~57ミリシーベルトだった。

   作業員の被ばく量限度は年間250ミリシーベルトとされており、1、3号機いずれも長時間にわたる作業は難しいことが明らかとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中