「まどか☆マギカ」台本が流出? 数日前からネットで話題に

印刷

   新聞の一面広告の掲載でも話題になったアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の台本と思われる資料が、放送の数日前から出回っていた。

   2011年3月下旬ごろ、インターネットオークションで同アニメ最終話(12話、サブタイトルは「わたしの、最高の友達」)のシナリオと称する出品があった。ネット上では当時、「釣りだろ」「マジなの?ねぇ」「なんかほんとにマジっぽい」などと書き込まれていた。

「まさかこれが本物とは思わなかった」

   騒ぎはそれだけにとどまらない。4月11日ごろにも、インターネット掲示板には、出所は不明だが、第11話(サブタイトルは「最後に残った道しるべ」)と第12話の台本と思われる資料が出回ったのだ。キャラクターのセリフや動きなどが詳しく書かれていた。ネット上ではこの時も、「なんとなく読んではいけない気がする」「これはアウトだろ」「ネタバレきてんのかよ・・・嘘だといってくれ」「でもなんか普通すぎて嘘っぽい」などいう感想が出ていた。

   その後、4月21日にはアニメの放送を告知する新聞広告が出され、その日の27時(22日午前3時)には第10話、11話、12話がTBSで立て続けに放送された(CBCでは24日放送予定)。放送でのサブタイトルは、11話が「最後に残った道しるべ」、12話が「わたしの、最高の友達」だったが、セリフなども出回っていた資料とほぼ一致した。

   ネット上では放送終了後から「まさかこれが本物とは思わなかった」「台本わざと流出させてワンクッション置いたんじゃないかと疑うわ」などと書き込まれ、話題が再燃している。

   なお、このアニメは謎の多いストーリーで、ネット上では「読み解き」への関心も高かった。3月末で放送が終わる予定だったものの、東日本大震災の影響から、クライマックスを迎える2話の放送が繰り延べになっていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中