ANAホテル東京が被災した妊産婦をサポート

印刷

   ANAインターコンチネンタルホテル東京は、社団法人東京助産師会による東日本大震災被災者の「東京里帰りプロジェクト」を支援するため、2011年4月29日から7月31日までの約3か月間、産前産後の滞在として、1日3組、1組に付き原則5泊までの宿泊を無料で提供する。

   「東京里帰りプロジェクト」は「寒い被災地にいる妊婦さんや赤ちゃんに一刻も早く安心できる環境・温かいお部屋と食事を!」をスローガンに、東京に避難を希望するすべての妊産婦が東京に避難し、安心して産前産後の生活を送れるよう始動したプロジェクト。助産師が出産および前後の生活をボランティア家庭や団体・企業などと協力してサポートすることで、被災地の妊婦が実家に里帰りするような気持ちで安心して過ごせる環境を提供する。

   このプロジェクトでは東京都内にある助産院の約50床の提供と、妊娠中から産後1年までの被災者を対象に、出産費と退院後のホームステイ滞在費を無料にしている。 詳細問い合わせは平日10時から16時までは080-3915-9923、それ以外の時間帯は090-4611-0904まで。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中