日本国債の格付け見通し、S&Pが引き下げ

印刷

   米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、日本国債の格付け見通しを従来の「安定的」から、格下げの可能性のある「ネガティブ」に引き下げた。2011年4月27日に発表した。

   東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故からの復旧・復興に、巨額の資金が必要になることから、日本の財政赤字がさらに膨らむ懸念があると判断した。

   S&Pは11年1月に日本の長期国債の格付けを「ダブルA」から「ダブルAマイナス」に1ランク引き下げたばかり。この格付けは今回据え置いた。

   日本国債の格付けをめぐっては、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが2月に、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中