ゼネコン各社、節電対策で2週間の夏期休暇

印刷

   ゼネコン145社が加盟する日本建設業連合会(日建連)は、福島第一原発事故による夏季の電力供給不足に備え「電力対策行動指針」を2011年4月27日に発表した。

   それによれば、業界全体の目標として電力使用量を昨夏よりも25%削減するため、自家用発電機の活用、工事用照明のLED等への早期切り替え、空調温度設定の変更、などを行う。また、これまで1週間ほどだった各社の夏期休暇を、事務所勤務だけでなく施工現場勤務も可能な限り2週間にすることを提案した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中